フラッグシップのラインナップに採用が有力視されているデザインの一部です。

このレンダリングは真空管アンプですが、全てのモデルに適用可能です。

フロントのメーターはOLEDパネルで、情報表示、設定、レベルメーターとしても動作します。