High end Audio, for High end Sound.

WCORE

海外価格:約5,600ドル

世界初、世界唯一の、Roon専用ハイエンドオーディオプレイヤー

WCORE 2.0

WCORE→WCORE2.0への変更点

  • OCXO Clockへアップグレード
  • 2.5インチドライブ内装可能
  • WNDR対応でWNDR専用サーバーの運用が可能

世界初、世界唯一

電源部
  • リニア電源部
  • リチウムイオン電池のネットワーク部を採用したRoon専用プレーヤー
  • ノイズ外部放出をブロック

超低ノイズのネットワーク設計
  • リチウムイオン電源による動作
  • オーディオグレードの高精度MEMSクロック搭載でジッター発生を極小化
  • LANのアイソレーションとノイズフィルタを適用したオーディオ専用のLANポート

ジュラルミン通切削ケース
  • 内部/外部シールド、放熱、防塵

OSカスタマイズ
  • Linuxカーネル段カスタマイズで最適なハードウェア制御
  • GPUやI/Oなど、ネットワーク再生に不要な全てのデバイスをOSカーネル段で削除し、極低ノイズを実現
  • リソース管理にノイズ制御とネットワークプレイに最適化

WCORE 一般的なパソコン 他のオーディオパソコン
ケース アルミ切削 鉄板、プラスチック アルミ
主電源 リニア SMPS
ネットワーク部電源 リチウムイオン電池 SMPS
冷却ファン
CPU
LAN 専用設計、 リチウムイオン電池 マザーボード内蔵
ストレージ mSATA SATA
GPU
USB
USB
キーボード
マウス
Wi-Fi
Bluetooth
OS Linux Windows, Mac, Linux Windows
OS Kernelカスタム × ×
用途 Roon専用ネットワークプレイヤー 汎用 汎用

WStreamer

WCOREはルーン専用で、必ずRoon Readyに対応したDACが必要です。

WaversaSystemsの全てのDACはRoon Readyです。
他社製のRoon Readyに対応しないDACでWCOREを使う場合に、ネットワーク入力をUSBやコアキシャルに変換するDDC、WStreamerを開発しました。

□ WStreamer

世界初

世界唯一の、Roonハイエンドオーディオ専用ネットワークプレイヤー

海外価格:約4,800ドル

 

WStreamer

WCOREはルーン専用で、必ずRoon Readyに対応したDACが必要です。

WaversaSystemsの全てのDACはRoon Readyです。
他社製のRoon Readyに対応しないDACでWCOREを使う場合に、ネットワーク入力をUSBやコアキシャルに変換するDDC、WStreamerを開発しました。

□ WStreamer

堅牢なケース

W STREAMERはアルミニウムを高精度に切削して製作され、上品で優雅です。サイズは横100mm、縦105mmで手の平サイズ、重さは約400グラム。丈夫で重厚です。内部は基板を収めるように切削し、音質が劣化する外部の要因を最小限に抑えました。背面の端子はLANポートと5V電源ポート、前面はUSB端子とCoaxial端子をレイアウトしています。

実績のある内部設計

  • Dual MEMS Clock(44.1kHz、48kHz独立Clock動作)
  • Low Power ARM System
  • ガルバニックアイソレーションを採用したデジタル入出力

W STREAMERは低クロック、低消費電力のARMプロセッサで動作し、正確なサンプリングレートで処理されるように44.1/48kHzの倍数に合わせて独立クロックで構成しました。そしてネットワーク入力部とCoaxial出力はガルバニック絶縁を行い、ノイズの影響が無い、より正確なデジタル伝送ができる設計です。これらの設計は、既にWaversaSystemsの最上級DACのVDAC、DAC3などで搭載し、ネットワーク設計で音質的な優秀性と安定性が実証済みの構成です。更に、LANポートは音質のためにLEDインジケーターを取り除いています。

※AirPlayの動作は未保証です


充実したネットオーディオ仕様

W STREAMERは広く使われている、AirPlay、DLNA、RAAT(Roon)のネットワークプロトコルが利用可能です。
※AirPlayの動作は未保証です

▲ W StreamerはWebブラウザでメニューを開いて設定できます。

便利なWeb設定

WaversaSystemsのNET-DACと同じく、Webブラウザでメニューを開いて設定できます。W STREAMERは多くの機能ではなく、ネットワークレンダラーとして忠実な仕様のため、Renderer RestartとUpdateが主な機能になっています。

▲ W StreamerはWebブラウザからアップデートが可能です。

継続的なアップデート

WaversaSystemsのNET-DACは、DLNAベースでのネット再生で発売しましたが、アップデートによって現在はRAATプロトコル対応になっています。生産して数年が過ぎた製品でも、アップデートを行い利便性を高めてます。

使用方法

W STREAMERの使い方は難しくありません。お使いのネットワークにLANケーブルで接続し、DACにUSBかCoaxialケーブルで接続します。

DLNA(UPNP)

既存のネットワーク → LANケーブル → W STREAMER → USBかCoaxialケーブル → DAC

Roon

既存のネットワーク → LANケーブル → W CORE → W STREAMER → USBかCoaxialケーブル → DAC

 

仕様

W Streamer Specification

Streaming Protocol

RAAT(Roon Ready), DLNA
※AirPlayの動作は未保証です

Ethernet

10/100 Mbps

Processor

ARM CORTEX-A8

Digital Output

Coaxial Output

  • PCM 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192

USB Output

  • PCM 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192, 352.8, 384 kHz

  • DSD 64,128, 256 (DoP)

Clock

MEMS Clock(44.1kHz, 48kHz Dual)

Voltage

5V

Dimension

W100 x H20 x D105 (mm)

Weight

400g

画像

(Visited 849 times, 1 visits today)
PAGETOP
Copyright © WaversaSystems/zionote All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.