Waversa Systems Japan

ウェーバーサシステムズ

WaversaSystems

最高の音質を、最先端の技術で、長年の蓄積と、最高のチームで完成させています。

技術

真空管アンプのアナログオーディオと、最先端で最高精度の医療技術を応用する信号処理技術、そしてデジタルオーディオとネットワーク技術で、最高のサウンドを作り上げます。

アナログ技術

真空管アンプの開発を二十年以上行い、アナログオーディオの設計委託も行っており、長年の技術と最新技術を合わせ開発を行っています。

信号処理技術

微弱で不安定な生体信号を処理する画期的な医療機器を開発した経験をオーディオ信号処理に活かして高音質を実現しています。

デジタル技術

市販のデジタルICを組み合わせれば一定の音質で鳴る現在において、独自に開発設計する希有な方法でハイエンドサウンドをお届けします。

ラインナップ

完全バッテリー動作で超低ノイズのネットワークオーディオ用ハブ、デスクトップオーディオにもハイエンドオーディオを実現させたWMiniシリーズなどをラインナップしています。

CEO

シン・ジュンホ代表

img

オーディオ製品を作るようになったきっかけは、音楽が本当に大好きだからです。両親が音楽をとても好きな方なので、家で音楽が絶えず聞こえる環境で育ちました。そして私も音楽に興味が強く、大学の時にはバンド活動もしました。 その後、大学院課程で勉強する量が多く、音楽を聞く時間がだんだんなくなり、高校の時から作っていた真空管オーディオを再び作ってみようと思って作り始めました。製作は私が電子工学を専攻したので難しくなかったが、音楽的なチューニングの部分が最初は難しかったです。しかし、その時から今まで約20年間、真空管オーディオを作ってきて、音楽的なチューニングのノウハウもできてきて、オーディオ製品をより良い音で完成させるという自信ができてきました。

WaversaSystems - CEO Ph.D. Shin Junho

お知らせ

WaversaSystemsの最新情報

WslimAIO UIフォント

WslimAIO-UI
WslimAIO

WslimAIO

  1. INPUT:LAN(DLNA, WNDR), USB, Coaxial, Optical, FM
  2. アンプ定格:80W peak, 60w, Para-PBTL構成
  3. 電源:外部SMPS
  4. フロントディスプレイ:WaversaSystems新UI
  5. WAP:Level3

開発が進む最新オールインワンモデル、WslimAIOのフォント表示の写真です。
いろいろとテストの結果をまとめた最終候補です。

アンチエイリアスで綺麗に表示されます。視認性も向上しました。
全てのソースを2行で表示し、下に詳細を表示します。

青色のフレームはスマートフォンのカメラの影響か、色の見え方がちょっと違ってますが、実際はもっと綺麗です。

WslimAIO-Lite PCB DESIGN

LAN、USB-A、Coaxial、Optical、FM、Bluetooth、60+60Wをサポートするオールインワン機能を1つのPCBに集積しています。

出力段はPara-BTLで、チャネル当たり計8つのSingleEndアンプを並列に束ね、アンプの出力を精巧に処理し、実効出力W数に比較して高出力を得ています。

WAPレベルは3で、デジタルサウンドの欠点を克服し、アナログサウンドの利点を得る音質を提供します。

WslimAIO-Liteの外観はWslimAIO-Proとは若干異なりますが、同じ基本コンセプトで開発を進めています。

Waversa Speaker System

WaversaSpeakerSystem

4年以上前から準備を続けているプロジェクトの1つ、スピーカーシステムです。

高さが25cm程の小型ブックシェルフスピーカーで、非常に良い音を鳴らすプラットフォームです。
Waversaの試聴室で聴いた方も相当な人数になります。

材質はアルミニウムで、パッシブとアクティブと2つの形で予定してます。