Waversa Systems

アナログオーディオの製作、デジタルオーディオの研究、ネットワーク技術の開発。
それらを統合し、ハイエンドにチューニングし、完成させたラインナップです。

WaversaSystems

Meaning of Waversa

強力なITテクノロジーの蓄積と、オーディオ、自動車システム、セキュリティアプリケーションなど、幅広いアプリケーションで活用されている技術に基づいて設立されました。

Waversa Systemsは、最先端の技術を備えた全てのハードウェアとソフトウェアを設計し、それらの技術をパートナー企業に提供しています。

基盤技術

Waversa Systemsの歴史

  • 2012年:Waversa Systemsをファブレス半導体およびシステム設計会社として設立
  • 2013:WAP(Waversa Audio Processor)テクノロジー発表
  • 2013:Waversa Network Playerプラットフォーム発表
  • 2013:WAPテクノロジーを備えたWDAC1リリース
  • 2014:WDAC1N、WDAC2、WAMP1、MCH PHONO、WNAS1、WNAS1N、WNAS2、WNAS2R、WVPRE、WVAMPリリース
  • 2015:WDAC3、WAMP2.5、WSmartHub、WMiniシリーズリリース
  • 2016:WVPOWER、WVDACをリリース
  • 2017:WDAC3 MK2、WNAS3、WPHONO1リリース
  • 2018:WCORE、WStreamer、WROUTER、MCH PHONO MK2、WVPRE MK2、WVAMP MK2、WVPOWER MK2、WVDAC MK2、WPHONO3Tリリース
  • 2018:WNDR(Waversa Network Direct Rendering)テクノロジー発表
  • 2018:Flasgship / Reference DACカスタムR2Rプラットフォーム発表
  • 2019:WDAC3C、WBridge、WCDT、WPhono2、WAMP2.5 MK2、WAIO2.5 MK2発表
  • 2019: Roonパートナー登録

技術

製品設計、ハードウェア設計、機械製図、ソフトウェア設計、3Dモデリング、更にはリモート更新サービスも含まれます。

web-tech6

WAP

デジタル化されたオーディオサンプルから元のアナログ信号を推定するためのハイエンドオーディオ処理技術を開発しました。
グレードの高いWAP処理レベルは、Red Book入力オーディオ規格を備えた、優れたアナログシステムサウンドを提供します。

WNDR

ネットワーク内のWaversaデバイスを自動的に検出して接続し、低遅延でオーディオを送受信します。
WNDRの低遅延特性により、オーディオストリーミングの低ノイズ環境が実現します。

Linux

最適なハイエンドオーディオ環境向けのカスタマイズLinuxを提供します。

カスタムUSB 2.0オーディオ機能

超低消費電力USB 2.0オーディオスタックを実装して、無制限のサンプルレートをサポートするハイエンドオーディオシステムへの低ノイズ効果を実現します。
超低消費電力と高速非同期ストリーミングを保証し、ソフトウェアの介入なくオーディオプロセッサ/ DACにオーディオストリームを送信します。

USB Audio Class 2.0

Pure SPDIF IP

ハイエンドオーディオシステムに適したカスタム超低ジッターSPDIFレシーバー/トランスミッターIPを実装します。
メインのオーディオ基準クロックを使用して、完全に同期したSPDIF信号を生成します。

アナログ補正Biquad IIRフィルターIP

アナログアンプの非線形性をデジタルで補正するために、カスタムの高解像度32ビットBiquad IIRフィルターを実装します。

マルチバンドエネルギー転送IP

複数のDAコンバーターを使用して、マルチバンドエネルギーを個別に出力IVステージに転送します。
このユニークなテクノロジーによって実現された、高度なサウンドステージバランスを提供します。

スマートバッテリー管理アーキテクチャ

ノイズの影響を防ぐためのオーディオインターフェイスのスマートバッテリ管理。
WSmartHub、WCORE、WRouterは、「スマートバッテリー管理アーキテクチャ」に基づいて構築されました。

メニューを閉じる