Waversa Systems Japan

ウェーバーサシステムズ

WaversaSystems

最高の音質を、最先端の技術で、長年の蓄積と、最高のチームで完成させています。

技術

真空管アンプのアナログオーディオと、最先端で最高精度の医療技術を応用する信号処理技術、そしてデジタルオーディオとネットワーク技術で、最高のサウンドを作り上げます。

アナログ技術

真空管アンプの開発を二十年以上行い、アナログオーディオの設計委託も行っており、長年の技術と最新技術を合わせ開発を行っています。

信号処理技術

微弱で不安定な生体信号を処理する画期的な医療機器を開発した経験をオーディオ信号処理に活かして高音質を実現しています。

デジタル技術

市販のデジタルICを組み合わせれば一定の音質で鳴る現在において、独自に開発設計する希有な方法でハイエンドサウンドをお届けします。

ラインナップ

完全バッテリー動作で超低ノイズのネットワークオーディオ用ハブ、デスクトップオーディオにもハイエンドオーディオを実現させたWMiniシリーズなどをラインナップしています。

CEO

シン・ジュンホ代表

img

オーディオ製品を作るようになったきっかけは、音楽が本当に大好きだからです。両親が音楽をとても好きな方なので、家で音楽が絶えず聞こえる環境で育ちました。そして私も音楽に興味が強く、大学の時にはバンド活動もしました。 その後、大学院課程で勉強する量が多く、音楽を聞く時間がだんだんなくなり、高校の時から作っていた真空管オーディオを再び作ってみようと思って作り始めました。製作は私が電子工学を専攻したので難しくなかったが、音楽的なチューニングの部分が最初は難しかったです。しかし、その時から今まで約20年間、真空管オーディオを作ってきて、音楽的なチューニングのノウハウもできてきて、オーディオ製品をより良い音で完成させるという自信ができてきました。

WaversaSystems - CEO Ph.D. Shin Junho

お知らせ

WaversaSystemsの最新情報

車で使うWMiniDAC:g様

WMiniDACカーオーディオg様

WMiniDACをカーオーディオで使うために、ケースを乗せ替え、USB-HDD内装化、システムディスク(microSD)をフロントパネルへ移動など、かなりのカスタムを行ったG様の改造例です。


車で使うWminidac

WMiniDACカーオーディオg様

ケースの下側に、sata -> usbアダプターを装着して車の電源12Vを入れて、SATA延長ケーブルを接続して配置します。内部コネクタは絶対抜けないようにガイドを作ってボルトとナットで固定しました。

WMiniDACカーオーディオg様

その上にメイン基板を取り付けます。そして外部入力を受けるために内部にリレーを付け、DAC出力と外部出力を選択して出力します。

WMiniDACカーオーディオg様
WMiniDACカーオーディオg様

前面にはご覧のようにハードディスクを着脱可能にしました。前面に電源スイッチ、リモコン受光部も付きます。ディスク交換などのために着脱を簡単にする必要がありました。

WMiniDACカーオーディオg様

背面は車のスペースがそんなに広くなく、ケーブルとメスプラグで処理し、USBポートもジェンダーを使ってSATA -> USBアダプターを取り付けます。

WMiniDACカーオーディオg様

ハードディスクを内部に入れた様子です。ボルトで固定して終了です。

WMiniDACカーオーディオg様

前面パネルに前面基板を取り付けた様子です。

WMiniDACカーオーディオg様

フロントに移動させたSDカードスロットです。アップデートを考えて前面に来るようにしました。

WMiniDACカーオーディオg様

車に装着した様子です。ナカミチの外部入力に入ります。
ハードフロントガイドをボルトで固定して終了です。


セットされているのはナカミチのCDプレイヤーですね。
1DINサイズで6連奏という、未だ中古で高値取引される、ロストテクノロジー的な超絶プレイヤーです。
g様、ありがとうございます。

WMiniDAC
WMiniDAC