海外価格:約5,600ドル

世界初、世界唯一の、Roon専用ハイエンドオーディオプレイヤー

WCORE 2.0

WCORE→WCORE2.0への変更点

  • OCXO Clockアップグレード
  • 2.5インチドライブの内装
  • WNDR(通信プロトコル)対応

世界初、世界唯一

電源部

  • リニア電源部
  • リチウムイオン電池のネットワーク部を採用したRoon専用プレーヤー
  • ノイズ外部放出をブロック

超低ノイズのネットワーク設計

  • リチウムイオン電源による動作
  • オーディオグレードの高精度MEMSクロック搭載でジッター発生を極小化
  • LANのアイソレーションとノイズフィルタを適用したオーディオ専用のLANポート

ジュラルミン通切削ケース

  • 内部/外部シールド、放熱、防塵

OSカスタマイズ

  • Linuxカーネル段カスタマイズで最適なハードウェア制御
  • GPUやI/Oなど、ネットワーク再生に不要な全てのデバイスをOSカーネル段で削除し、極低ノイズを実現
  • リソース管理にノイズ制御とネットワークプレイに最適化

W CORE vs一般的なPCの比較

項目

WCORE

一般的なPC

一般的なオーディオPC

ケース

アルミ切削

鉄板

アルミアルミ板構成

電源部(メイン)

リニア電源

SMPS

電源部(ネットワーク)

リチウムイオン電池

SMPS

FAN

CPU

Ethernet

独自設計
リチウムイオン電池

マザーボード内蔵

Storage

mSATA

SATA

GPU

HDMI、DVI、

USB

Keyboard

Mouse

Wi-Fi

Bluethoot

OS

LINUX

Windows
Mac
LINUX

Windows

OSカーネル単カスタマイズ

×

用途

ROON専用ネットワークプレーヤー

汎用

 

WStreamer

WCOREはルーン専用で、必ずRoon Readyに対応したDACが必要です。

WaversaSystemsの全てのDACはRoon Readyです。
他社製のRoon Readyに対応しないDACでWCOREを使う場合に、ネットワーク入力をUSBやコアキシャルに変換するDDC、WStreamerを開発しました。

□ WStreamer

世界初

世界唯一の、Roonハイエンドオーディオ専用ネットワークプレイヤー

海外価格:約4,800ドル

 

WStreamer

WCOREはルーン専用で、必ずRoon Readyに対応したDACが必要です。

WaversaSystemsの全てのDACはRoon Readyです。
他社製のRoon Readyに対応しないDACでWCOREを使う場合に、ネットワーク入力をUSBやコアキシャルに変換するDDC、WStreamerを開発しました。

□ WStreamer

堅牢なケース

W STREAMERはアルミニウムを高精度に切削して製作され、上品で優雅です。サイズは横100mm、縦105mmで手の平サイズ、重さは約400グラム。丈夫で重厚です。内部は基板を収めるように切削し、音質が劣化する外部の要因を最小限に抑えました。背面の端子はLANポートと5V電源ポート、前面はUSB端子とCoaxial端子をレイアウトしています。

実績のある内部設計

  • Dual MEMS Clock(44.1kHz、48kHz独立Clock動作)
  • Low Power ARM System
  • ガルバニックアイソレーションを採用したデジタル入出力

W STREAMERは低クロック、低消費電力のARMプロセッサで動作し、正確なサンプリングレートで処理されるように44.1/48kHzの倍数に合わせて独立クロックで構成しました。そしてネットワーク入力部とCoaxial出力はガルバニック絶縁を行い、ノイズの影響が無い、より正確なデジタル伝送ができる設計です。これらの設計は、既にWaversaSystemsの最上級DACのVDAC、DAC3などで搭載し、ネットワーク設計で音質的な優秀性と安定性が実証済みの構成です。更に、LANポートは音質のためにLEDインジケーターを取り除いています。

※AirPlayの動作は未保証です

充実したネットオーディオ仕様

W STREAMERは広く使われている、AirPlay、DLNA、RAAT(Roon)のネットワークプロトコルが利用可能です。
※AirPlayの動作は未保証です

▲ W StreamerはWebブラウザでメニューを開いて設定できます。

便利なWeb設定

WaversaSystemsのNET-DACと同じく、Webブラウザでメニューを開いて設定できます。W STREAMERは多くの機能ではなく、ネットワークレンダラーとして忠実な仕様のため、Renderer RestartとUpdateが主な機能になっています。

▲ W StreamerはWebブラウザからアップデートが可能です。

継続的なアップデート

WaversaSystemsのNET-DACは、DLNAベースでのネット再生で発売しましたが、アップデートによって現在はRAATプロトコル対応になっています。生産して数年が過ぎた製品でも、アップデートを行い利便性を高めてます。

使用方法

W STREAMERの使い方は難しくありません。お使いのネットワークにLANケーブルで接続し、DACにUSBかCoaxialケーブルで接続します。

DLNA(UPNP)

既存のネットワーク → LANケーブル → W STREAMER → USBかCoaxialケーブル → DAC

Roon

既存のネットワーク → LANケーブル → W CORE → W STREAMER → USBかCoaxialケーブル → DAC

仕様

W Streamer Specification

Streaming Protocol

RAAT(Roon Ready), DLNA
※AirPlayの動作は未保証です

Ethernet

10/100 Mbps

Processor

ARM CORTEX-A8

Digital Output

Coaxial Output

  • PCM 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192

USB Output

  • PCM 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192, 352.8, 384 kHz

  • DSD 64,128, 256 (DoP)

Clock

MEMS Clock(44.1kHz, 48kHz Dual)

Voltage

5V

Dimension

W100 x H20 x D105 (mm)

Weight

400g

画像