Waversa Systems Japan

ウェーバーサシステムズ

2月 2018アーカイブ

月刊 Waversa 2月号

※画像やタイトルで記事にリンクします

Waversaのヘッドフォンアンプ

WaversaのWAPサウンドをヘッドフォンでも楽しめるようになります。

HD800のポテンシャルを発揮させフルドライブできるポータブルアンプとして評価された、WMP-D2直系のヘッドフォンサウンドが、ついにMiniシリーズのラインナップに登場します。

foobar2000で無料で始めるネットワークオーディオ

WMiniDACのオーナーさんでも、ネットワーク再生を試してないという方が意外と少なくないようです。
USBオーディオで定番の、foobar2000を使って、簡単にネット再生できる方法を説明します。

USB-DACをネットワークオーディオ化・WMiniDAC

WMiniDACは無料アップデートで外部USB-DAC再生に対応しています。
USB-DACやUSB-DDCをWMiniDACのUSB-A端子に接続して、ネットオーディオで楽しめるんです。

WMiniDACをお使いの方で、他にUSBオーディオ機器をお使いでしたら試してみてください。

Waversaスマホアプリ・WRemote 開発中!

androidとiOSで開発が進んでます。

デジタルハイエンドオーディオの新世紀 WaversaSystems WCORE

Roonを初めて使った時は、曲管理と一覧性は便利だけれど音はまあまあ、程度に感じてました。しかしちゃんと聴いてみると、今までのPCオーディオとは違って、しっかりとオーディオの音で、Roonが音楽を聴く基礎になってしまいました。
そのRoonをしっかりと良い音で聴くために、WSmartHubが前提で、WMiniDACなどが対応DACが重要ですが、Roonを動かすパソコン自体を超低ノイズな専用機として企画したのがWCOREです。
WSmartHubでも、ここまでやるかという内容でしたが、WCOREも、Roonのためにここまでやるかという仕様で、Roon純正のNucleusよりもRoon特化仕様と言える程です。

LP以降、初めて真のハイエンドデジタル音源の時代を迎えるRoonの音質分析

画像がRoon純正のRoon専用コンピューター、Nucleusです。WaversaSystemsのWCOREもNucleusも、NUCというマザーボードをベースに、RoonのOSを動かしています。
Roonをお使いの方も、まだの方もぜひご覧ください。

読み放題・バックナンバー

WMiniDAC:システムデータ(MicroSD)

別のmicroSDカードを使いたい場合や、再起動やアップデートをしても動作が不安定な場合は、本体背面にあるシステムドライブ(MicroSD)の書き換えを行います。

microSDスロット

ネットワーク機能に対応する機種は、microSDカードのシステムドライブを搭載してます。
このmicroSDは、曲ファイルを再生するメディアではなく、システムドライブなのでご注意ください。

WMiniDAC
WMiniNAS

[1]イメージファイルのダウンロード

[2]書き込みソフトの準備

[3]イメージファイルの書き込み

  1. WMini本体の前面スイッチで電源を切り、背面の電源ケーブルをぬいた状態でWMini背面のMicroSDカードを取り出す。
  2. WindowsパソコンのカードリーダーでmicroSDカードリーダーにアクセス。
  3. [2]でインストールしたWin32DiskImagerで、[1]でダウンロードしたWMiniのイメージデータを読み込み、WMiniのMicroSDカードに書き込む。
  4. 書き込んだMicroSDカードをWMiniに接続し起動。

※1 画面はWMiniDACの例です。

Waversaのヘッドフォンアンプ

SENNHEISERのHD800のポテンシャルを引き出し、最高の音で鳴らすアンプと評価されたWMP-D2(日本未発売)というポータブルアンプをWaversaSystemsは発売しています。

この開発時に得た技術とノウハウが、WNAS3、WPHONO1といったラインナップのヘッドフォンアンプ回路に活かされています。

WMP-D2
WNAS3
WPHONO1

WMiniシリーズのヘッドフォンアンプ

DAコンバーターのWMiniDACを中心としたWaversaのMiniシリーズの、ヘッドフォンアンプの要望も多く、2年以上前から開発は進められてます。

Miniシリーズのヘッドフォンアンプについて、WaversaSystemsJapanは数点の提案を出し、先行量産品が届き、修正を行った製品版が届き、WMiniHPAというヘッドフォンアンプが海外で限定的に販売されました。

日本でも発売を検討しましたが、いくつか修正したい点があり、海外ではその点は問題無いとの判断で海外販売のみとなっています。

WMiniHPA

DAコンバーターのWMiniDACを中心としたWaversaのMiniシリーズにヘッドフォンアンプが登場します。

Waversaの高音質の最大の特徴とも言えるWAPを当然搭載し、WMiniDAC直系のフルバランス回路、そしてネットワーク対応。

そしてヘッドフォンアンプは3系統の出力を搭載し、バランス接続にも対応します。

WMiniHPAmk2

数々の改良を行い、WMiniHPAmk2として完成します。
発売まで、もうしばらくお待ちください。

2018年1月・ランキング

今年初めてのランキングです。

と、言ってもWSmartHubが1位なのは相変わらず。

※画像は製品ページリンク

1位 WSmartHub

オーディオ再生にネットワークを使っていても使ってなくても、ネットワークと完全に分離するのも難しい現在、LANに使うスイッチングハブが大きなノイズ源なので音を悪くする原因になっています。

そこで、電源は内蔵バッテリーで更に極低ノイズ化、LANスイッチグハブの回路も独自に開発した超低ノイズ仕様、LEDと内蔵バッテリーのみを外部電源で動作させ、ハブ回路は内蔵バッテリーのみで動作させる超低ノイズ構成。

ネットワークオーディオ環境にWSmartHubを導入すると、超低ノイズ化によって音質を向上させます。

他社製のネットワークプレイヤーやDACを使っているけれど、WSmartHubは必要で欠かせないというオーナーさんが多いです。

2位 WMiniAMP

3位 WMiniDAC

2位はミニシリーズのDACとアンプが毎月のように入れ替わっていて、2018年1月はWMiniAMPが2位でした。

2台目のアンプ、サブシステム用に、初めてのアンプに、WMiniDACとセットでもオススメです。

本棚に入るサイズのスピーカーでお使いの方が多いようですが、更に小型のデスクトップスピーカー、そして大型テレビの横に置くようなトールボーイスピーカーや床置きの大きなスピーカーでお使いの方もいらっしゃいます。
WaversaSystemsJapanでは高さ約1メートルのスピーカーでも大きな音で鳴らしてます。

WMiniDACとセットがオススメなのは、XLR端子で高音質なバランス接続できて、WMiniDACにUSBメモリーやmicroSDカードリーダーを使って、高音質プレイヤーで簡単に音楽を楽しめるからです。

好きなスピーカーに、WMiniDACとWMiniAMPをつなげれば、選曲やリモコン操作はスマートフォンの無料アプリで毎日簡単に音楽を楽しめます。

microSDカードリーダーに入れた曲も、スマートフォンの中にある曲も、難しい事はなく簡単に高音質で音楽を楽しめます。
Bluetoothよりも簡単で、CDプレイヤーよりも音が良く、スマートフォンの無料アプリで簡単操作。
もっと簡単に、もっと便利に、もっと良い音で、もう音楽の楽しみ方が一気に変わります。

コラム「日常の中心に音楽を」