Waversa Systems Japan

ウェーバーサシステムズ

6月 2016アーカイブ

「聴けばわかる!」富山県M様レビュー

WMiniDACのモニターオーナー、富山県のM様よりWMiniDACの開封から音出しまでのご感想第一弾が届きました!

直販はこのように出荷してます。Waversa Systemsオリジナルの梱包テープを使ってます。

DSCN1352

コンパクトなWMiniDACなので箱もなかなかコンパクトです。
DSCN1353

WMiniDAC、電源、LANケーブルで構成されます。
DSCN1358

パッシブプリで音量を調整し、パワーアンプへとつないでお使いです。
DSCN1366

ネットワーク選択時のWMiniDAC。
DSCN1367

続いてご感想です。

いつも良い音をありがとうございます。
早々にWMiniDACをお送りいただきありがとうございます。
1回目のレポートをお送りします。

「聴けばわかる!」

  1. 再生環境
    WMiniDAC
    ~アッテネーター(Musica att60
    ~パワーアンプ(Soulnote sa4.0B
    ~スピーカー(Fumdamental SM10
  2. WMiniDACを設置してまず取り掛かったのは、ネットワークの設定。
    これまでネットへの接続のためLANを使用していたが、ネットワークは未設定のためここでまず一汗をかくことになった。
    2日間の試行錯誤の末にzionoteのブログを思い出し、foobar2000でトライしてみる。
    しばらく、foobar2000を使ってなかったので新しいバージョンに入れ替え、ブログの指示通りに設定。
    ようやくWMiniDACをコントロールできるところまでこぎつけた。

WMiniDACのコントロールは、foobar2000のDLNA機能を使用。
※Waversa Systems Japan注:「foobar2000でDLNA再生

初音出しの感想

聴きこんでいるシステムの一部の変更は、換えた機器の特徴がはっきり現れますね。
WMiniDACで感じたことは、音の明瞭さが格段に増したことです。
特に低域の再生力には驚かせられました。
低音の細かいニュアンスがはっきりと再現されており、ボリュームを絞ってもそのバランスが崩れることはない。

機器の前面は電源スイッチとインジケーターがあるばかりで、取り付く島もない感じである。
Waversa SystemsのホームページではWMiniDACの機能を知ることができるが、どんな説明よりもそのコンパクトな躯体から出てくる音こそが多くを語っていると思う。

またひとつ音を楽しく聴くことのできる仲間が増えました。

M様、ご感想をありがとうございました!
お使いいただいてご不明な点がありましたらお知らせください。

WMiniDACをWebブラウザから操作

Windowsでの手順です。
MacはIPアドレスの確認が一手間なので、アプリを使う方法をお勧めします。マイナビニュースさんの記事をご参考ください。 ※(テスト環境ではスマートフォンのFingを使ってます)

  1. Explorerでネットワークをクリック。

    16061601a

  2. [WMINI-DAC]をクリック

    16061601b

  3. 開いたメニューから[プロパティ]をクリック。

    16061601c

  4. WMINI-DACをプロパティが開き、下段の[IPアドレス]の数値を確認。

    16061601d

  5. IPアドレスの数値、この画面の場合は192.168.1.24をメモかコピーする。

    16061601e

  6. Webブラウザで上記のアドレスを開く。

    16061601f

  7. WMiniDACのメニューが開き、上段の[Remote Controller]をクリック。

    16061601g

  8. リモコン操作が行えます。

    16061601h

  9. Webブラウザからのリモコン操作で電源のオン/オフ、入力切り換えが行えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

foobar2000でDLNA再生

WMiniDACはDLNA対応で、スマートフォンに有料も無料もたくさんあるDLNA対応アプリをダウンロードすれば選曲再生が簡単にできてしまいます。

家中どこでもスマートフォンで操作して、パソコン作業中はスマートフォンに手を伸ばすのも面倒という時もあるかもしれません。
そう言う時、JRiverMedeaCenterやfoobar2000のDLNA機能が使えます。

DSD再生と同じく、JRiverは設定も操作も簡単ですが、foobarは設定も操作も一手間必要です。

  1. 最初にfoobarの追加コンポーネントをダウンロードしてインストールします。2016-06-14_16h11_33

    2016-06-14_14h34_05

  2. この設定項目のチェックを外しておくと連続再生に便利です。2016-06-14_14h33_21
  3. [View]メニュー →[UPnP Controller]を開き、[WMINI-DAC:Java MediaPlayer (PlayList)]を選びます。
    これでfoobarのプレイリストをLAN接続のWMiniDACで再生します。2016-06-14_14h32_19
    2016-06-14_14h31_59

 

LAN-DACとして使う時、この手順でWindowsのUSBオーディオドライバーは不要でパソコンからも再生可能です!

 

WMiniDAC発売延期

20160217140208_vaiqznun

WMiniDACの発売日を2016年6月17日(金)とお知らせしましたが、初回ご注文分の確保が間に合わないため、誠に申し訳ありませんが6月24日(金)発売に延期させていただきます。

発売日:平成28年6月24日(金)

画像はご自由にお使いください。
------------------------------
製品名:WMiniDAC-Black
(ダブリューミニダック-ブラック)
※入力切換は別売のリモコン(WminiRemote:7月発売予定)かネットワーク上の
パソコンから行います。
※シルバーの発売は現在未定です
※仕様は予告なく変更となる場合があります。

税込価格:128,000円
http://zionote.com/waversasystems/
販売店様募集中!
JANコード:4562290022347

販売に関するお問合せ
株式会社タイムリー
http://timely.ne.jp/information/index.html
製品に関するお問合せ
http://www.zionote.com/2012/contact/
info@zionote.com

zionote公開カレンダー
http://zionote.com/blog/?p=5232

WAVERSA SYSTEMS第一弾、WMINIDAC発売

20160217140208_vaiqznun

WaversaSystemsJAPAN(zionote株式会社)はUSB-DACを超えるNET-DAC、ネットワーク対応DAC「WMiniDAC」を6月17日(金)に発売いたします。

多くの自社開発による技術を用い、最高の精度を要求するパーツを使い、流麗なアルミ切削ケースを最高の精度で仕上げて完成させました。
SPDIFはもちろん、USB/Ethernet/DLNAのデジタルフォーマットに対応します。
小型オーディオにカテゴリーされない、ハイエンドオーディオの未来です。

USB-DAC、そしてNET-DAC

PCオーディオはUSB-DACで飛躍的に音質も使い勝手も向上しました。
そして今、WMiniDACによってLAN-DAC、NET-DACとして大きな飛躍の時を迎えました。
USB-DACをお使いの方も、お使いで無い方も、USB-DACを音質でも簡単さでも超え、その先にあるNET-DACがWMiniDACで簡単に始められます。

WiFiがあれば簡単

WMiniDACをルーターとLAN接続。
スマートフォンに無料も有料もたくさんあるDLNAアプリをダウンロード。
これだけでスマートフォンで選曲して再生できてしまいます。

PCオーディオよりも簡単で高音質

WMiniDACの内部ではminimServerという超高音質な再生システムが動作しています。インストールも設定もかなり難しいシステムですが、内部で動いているだけで難しいことは一切不要で、高音質再生の良いところだけ得られます。

パソコンがあれば便利

入力切換は別売りリモコンのWminiRemote(2016年7月発売予定)で行いますが、ネットワーク上のパソコンからWebブラウザを使っても操作できます。

USBドライブから再生

USBポートにUSB-HDD、USBメモリー、MicroSDカードリーダーなどを接続して、その中のMP3、FLAC、DSDなどの曲を再生できます。

 

WAP(WAVERSA AUDIO PROCESSOR)搭載

・Waversa Systemsの独自技術により開発(HDL)
・最先端医療用に開発されたWaversa Systemsだけの独自デジタル信号処理アルゴリズム
・WAP-1 Stage Audio Processing
・WDAC1(日本未発売)と同レベルWAP
・WAPがDACチップのSABRE ES9018K2Mのメインクロックを超高精度に統制
・Dynamic Range 144dB

44.1/48KHZ独立クロック動作

・WAPは周波数に合わせて2つのクロック(44.1/48kHz)を持ち、数値的に正確なアップサンプリングが可能

SABRE ES9018K2M DA CONVERTER

・Sabre社のD/Aコンバーターチップ、ES9018K2M搭載
・軍用、航空宇宙部品メーカーで信頼性の高いIntersil社の最新の定電圧電源部採用
・外部マスタークロックではなく、WAPのオーディオと同期したクロックで高精度に動作

COMPLEMENTARY FULL BALANCED ANALOGUE CIRCUIT

・完全なフルバランス設計
・アナログ段はAnalog Devices社製作のオーディオ専用OPAMP OP275採用

LOW POWER ARM SYSTEM

・DLNAに対応するネットワーク機能を実現
・1GHz TI OMAPによる省電力システム構成

発売日:2016年6月17日(金)

取扱店
e☆イヤホン
オリオスペック(試聴可能):秋葉原
吉田苑:福岡
ヨドバシカメラ
ビックカメラ
zionoteDirect

画像はご自由にお使いください。
------------------------------
製品名:WMiniDAC-Black
(ダブリューミニダック-ブラック)
※シルバーの発売は現在未定です
※仕様は予告なく変更となる場合があります。

税込価格:128,000円
http://zionote.com/waversasystems/
販売店様募集中!
JANコード:4562290022347

販売に関するお問合せ
株式会社タイムリー
http://timely.ne.jp/information/index.html
製品に関するお問合せ
http://www.zionote.com/2012/contact/
info@zionote.com

zionote公開カレンダー
http://zionote.com/blog/?p=5232