Waversa Systems Japan

ウェーバーサシステムズ

9月 2018アーカイブ

Macの音をWMiniDACで鳴らす方法(AirPlayの設定)

MacにはAppleのAirPlayという便利なサウンド機能があります。

もともとAirPlayはiPhoneの無線機能を使って音を鳴らす機能です。

この便利なAirPlayはMacでも使え、無線LANでも有線のLANで繋がってるMacでも使え、Macの音をWMiniDACで簡単に、そして高音質に鳴らせます。

WMiniDACの準備
  1. WMiniDACの入力をDLNAにします。

これだけでWMiniDACでAirPlayを受ける準備は完了です。

続いてMacの設定を行います。

iTunesの音をWMiniDACで鳴らす方法

  1. iTunesを開く。
  2. iTunesの画面、一番上の左側にあるAirPlayのアイコンをクリック。
  3. サウンドを出力する機器のメニューが開く。
  4. 音の出力先を、コンピュータ(Mac本体)か、WMiniDACか選択。

Macのシステム音をWMiniDACで鳴らす方法

  1. システム環境設定を開く
  2. [サウンド]設定を開く
  3. [出力]設定で[WMiniDAC]を選ぶ。

これでWebブラウザのyoutubeの音など、Macの音がWMiniDACで再生され、高音質に楽しめます。

WMiniNASに曲ファイルを転送する

オーディオ用のNASが徐々に話題になりつつあるようで、数十万円の高級モデルから10万円台のWMiniNASを数年前からラインナップしているWaversaSystemsでも、お問合せが増えてきています。

ドライブはお好みで

WMiniNASはドライブを内蔵せず、好きなHDDやSSDを別に買って取り付けて使います。
販売店さんによっては店で付けて販売しています。海外ではドライブ内蔵モデルも販売しています。
ドライブ内蔵モデルを日本ではラインナップしないのは、SSDとHDD、ブランドや容量、細かいドライブの型番など、好みが多種多様なので、選んでいただいた方が間違いないとの判断です。
※WMiniNASを直販でご注文いただく際に、内蔵したいドライブをお送り頂ければ、搭載して出荷するサービスも無料で行っています。

簡単?難しい?

WMiniNASは特に何も意識せずに簡単に使えますが、誰にでもLAN接続のHDDとして使えるように家電量販店でも売っているような大手メーカー製品に比べると、かゆいところにまで手が届く、とは決して言えません。

WaversaSystemsのWebメニュー

それでもWebブラウザのメニュー操作ができるなど、WaversaSystems製品ならではのコンセプトと、そして何よりもシンプルに音が良い本質はWMiniNASも持っています。

WMiniNASに曲ファイルを転送する

単純にパソコンから曲ファイルを転送する方法を説明します。

※Webメニューの開き方(IPアドレスの調べ方)

WebブラウザでWMiniNASのメニューを開くにはWMiniNASのIPアドレスを入力します。

IPアドレスを調べる方法は、Explorerで、ネットワークを選び、[WMiniNAS]を右クリックして、プロパティを選ぶと表示されます。
WMiniNASを初めて使う場合、新しいドライブを使う場合は、このメニューにある[Disk Management]で、[Format HDD]を行います。

※ファイルの転送方法

  1. Explorerのアドレス枠に「\\wmininas」を入力します。
    ※初めてのアクセス時にはWindowsユーザー名とパスワードの確認があります。
  2. WMiniNASに接続した内蔵ドライブやUSBドライブなど(一般的なNASによくあるフォルダー構成)が表示されます。
  3. 保存したい場所にファイルを転送します。

上海オーディオショー/Grand Prix

中国で上海オーディオショーが開催され、WaversaSystemsも参加しました。

上海では年に数回オーディオの展示会が開催されており、全てに参加するのは難しいですが、今回は新機種が登場したため、WaversaSystems本社からもスタッフが参加しました。

Waversa Chinaの関係者が3つの構成で設置しました。

ウィルソン-WVAMP KT150、JNA-WVAMP 300B、WMiniシリーズ。
そして話題の、WCORE、WRouter。
最新製品のVSHIELDケーブルも公開しました。

3つのコンセプトで展示

  1. WVDAC、WVPRE、WVAMP 300B、ウィルソン
  2. WDAC3T、WVAMP KT150、AERO 500
  3. WCORE、WROUTER、WNAS3などネットワーク製品
    WMiniシリーズ、ウィルソン

2日目

メインセットのウィルソン・サシャ、WVDAC、WVPRE、WVAMP 300Bにトランスペアレント レファレンス・スピーカーケーブル、WLAN2、VSHIELD WE30で構成し、特別な調整を行わなくとも、素晴らしい出音になりました。

300Bでサシャを素晴らしく鳴らしているので、多くの人々が不思議そうに見聞きし、価格やどこの製品かと質問を受けました。

ステレオサウンドで主催するショーなので、日本のステレオサウンドの代表が2回訪問してインタビューを受け、製品説明を動画で撮影していました。
先端技術をベースに開発したWaversaSystemsに高い関心を持ってもらえました。

WCORE、WROUTER、WNDRなど、広く知られていない製品に多く質問をしていただき、WNAS3によってWNDRで再生されるCDのサウンドに驚いていました。

音質、デザインそして徹底した現地化が成功の鍵であると改めて思ったオーディオショーでした。

日本ステレオサウンド代表が賞状授与式を行い、我々のWCOREが賞を受けました!