High end Audio, for High end Sound.

WStreamer

近日発売予定(海外価格:税別700ドル)

WStreamer

NET-Transport / NET-DDC

  • roon(RAAT), DLNA対応
  • LAN接続
  • SPDIF(Coaxial) & USB出力

同軸入力やUSB入力に対応するオーディオ機器も、高音質なネットワーク再生を楽しめるようにします。

簡単に使えます
  1. 今お使いのルーターに、WStreamerをLANケーブルで接続します。
  2. WStreamerとDACを同軸ケーブルかUSBケーブルで接続します。
  3. パソコンやスマートフォンで、ネットワーク再生(選曲/再生)を行えます。
様々な音楽を高音質再生できます
  • 同軸入力、USB入力が可能なオーディオ機器が、ネットワーク対応になります。
  • DLNA対応で、パソコンやスマートフォンの多くの無料アプリですぐに再生できます。
  • 便利で高音質なroonにも対応し、最先端のネットワークオーディオが簡単に構築完了します。
高音質オーディオ特化型コンピューター
  • WStreamerは一般的なパソコンとは異なり、高音質なオーディオ用途に特化した超低ノイズのコンピューターです。
  • 外部電源に対応し、USBモバイルバッテリーが使えるため、安価にバッテリー動作が行えます。
  • 超省電力で、電源スイッチも難しい設定も不要なので、24時間365日連続稼働が可能です。パソコンの電源を入れなくても、パソコンが無い環境でも、いつでもWStreamerでネットワークオーディオを楽しめます。

Roonは今までのネットオーディオを超え、オーディオ専用のネットワークの始まりとなってきています。
不規則なパケット単位で処理される今までのネットワークプレーヤーとは違い、一定で連続的なデータ転送方式のRAAT(Roon Advanced Audio Transport)は、音質を大幅に向上させる新たな方式です。

しかし、Roonは全く別の通信方式(RAAT)を使用するために、これに対応するプレーヤーが必要です。別名「Roon READY」のマークが付いた製品が使用できます。WaversaSystemsの全てのNET-DACはRAATに対応してますが、RAATに対応していない他社のDACでもRoonを使うためのネットワークコンバーターを完成させました。

WStreamer

WStreamerは、WaversaSystemsの最上級DAC「VDAC」、「DAC3」などが搭載しているネットワーク部と同じ構成で設計されました。

  • オーディオ用途に総アルミニウムを切削して製作したケース
  • Dual MEMS Clock(44.1kHz、48kHz独立Clock動作)
  • 低クロック、低消費電力のARMシステム
  • ガルバニックアイソレーションを採用したデジタル入出力
  • roonに加え、DLNAにも対応
  • 便利なWebページメニュー設定

堅牢なケース

WStreamerはアルミニウムを高精度に切削して製作され、上品で優雅です。
サイズは横100mm、縦105mmで手の平サイズ、重さは約400グラム。丈夫で重厚です。
内部は基板に合わせて切削し、音質が劣化する外部の要因を最小限に抑えました。
背面の端子はLANポートと5V電源ポート、前面はUSB端子とSPDIF同軸端子をレイアウトしています。

実績のある内部設計

  • Dual MEMS Clock(44.1kHz、48kHz独立Clock動作)
  • 低消費電力ARMシステム
  • ガルバニックアイソレーションのデジタル入出力

WStreamerは低クロックと低消費電力で超低ノイズなARMプロセッサで動作し、正確なサンプリングレートで処理されるように44.1/48kHzの倍数に合わせて独立クロックで構成しました。
ネットワーク入力部とSPDIF同軸出力はガルバニック絶縁を行い、ノイズの影響が無く、より正確なデジタル伝送ができる設計です。
これらの設計は、既にWaversaSystemsの最上級DACのVDAC、DAC3などで搭載し、ネットワーク設計で音質的な優秀性と安定性が実証済みの構成です。
更にLANポートは音質のためにLEDインジケーターを取り除いています。

※AirPlayの動作は未保証です

充実のネットオーディオ仕様

WStreamerは広く使われている、DLNA、RAAT(roon)、AirPlayのネットワークプロトコルが利用可能です。
※AirPlayの動作は未保証です

▲ WStreamerはWebブラウザでメニューを開いて設定できます。

便利なWeb設定

WaversaSystemsのNET-DACと同じく、Webブラウザでメニューを開いて設定できます。WStreamerは機能の多さを求めてはおらず、ネットワークレンダラーとして忠実に、シンプルな高音質仕様になっています。

▲ WStreamerはWebブラウザからアップデートが可能です。

継続的なアップデート

WaversaSystemsのNET-DACは、DLNAベースでのネット再生で発売しましたが、アップデートによって現在はRAATプロトコル対応になっています。生産して数年が過ぎた製品でも、アップデートを行い利便性を高めてます。

使用方法

WStreamerの使い方は難しくありません。
お使いのネットワークにLANケーブルで接続し、DACにUSBか同軸ケーブルで接続します。

接続経路

既存のネットワーク → LANケーブル → WStreamer → USBか同軸ケーブル → DAC

仕様

※仕様および製品構成は予告なく変更となる場合があります。

海外価格 税別700ドル

WStreamer Specification

対応規格

DLNA, roon(RAAT)
※AirPlayの動作は未保証です

LAN

10/100 Mbps

プロセッサー

ARM CORTEX-A8

出力

SPDIF同軸出力

  • PCM 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192kHz

USB出力 (USB Audio Class 2.0)

  • PCM 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192, 352.8, 384 kHz

  • DSD 64,128, 256 (DoP)

クロック

MEMS Clock(44.1kHz, 48kHz Dual)

電源入力

1A以上/5V、端子外径5.5mm/内径2.1mm

製品構成

本体、電源アダプター

サイズ

W100 x H20 x D105 (mm)

重量

400g

製品保証

初期不良:1週間
保証期間:ご購入から1年間
※ご購入の店舗と年月日を確認できるレシートや納品書などが必要ですので大切に保管してください。
※自作USBケーブルによる製品破損は有償対応となります。

画像

(Visited 796 times, 1 visits today)
PAGETOP
Copyright © WaversaSystems/zionote All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.