Waversa Systems Japan

ウェーバーサシステムズ

WMiniNASに曲ファイルを転送する

オーディオ用のNASが徐々に話題になりつつあるようで、数十万円の高級モデルから10万円台のWMiniNASを数年前からラインナップしているWaversaSystemsでも、お問合せが増えてきています。

ドライブはお好みで

WMiniNASはドライブを内蔵せず、好きなHDDやSSDを別に買って取り付けて使います。
販売店さんによっては店で付けて販売しています。海外ではドライブ内蔵モデルも販売しています。
ドライブ内蔵モデルを日本ではラインナップしないのは、SSDとHDD、ブランドや容量、細かいドライブの型番など、好みが多種多様なので、選んでいただいた方が間違いないとの判断です。
※WMiniNASを直販でご注文いただく際に、内蔵したいドライブをお送り頂ければ、搭載して出荷するサービスも無料で行っています。

簡単?難しい?

WMiniNASは特に何も意識せずに簡単に使えますが、誰にでもLAN接続のHDDとして使えるように家電量販店でも売っているような大手メーカー製品に比べると、かゆいところにまで手が届く、とは決して言えません。

WaversaSystemsのWebメニュー

それでもWebブラウザのメニュー操作ができるなど、WaversaSystems製品ならではのコンセプトと、そして何よりもシンプルに音が良い本質はWMiniNASも持っています。

WMiniNASに曲ファイルを転送する

単純にパソコンから曲ファイルを転送する方法を説明します。

※Webメニューの開き方(IPアドレスの調べ方)

WebブラウザでWMiniNASのメニューを開くにはWMiniNASのIPアドレスを入力します。

IPアドレスを調べる方法は、Explorerで、ネットワークを選び、[WMiniNAS]を右クリックして、プロパティを選ぶと表示されます。
WMiniNASを初めて使う場合、新しいドライブを使う場合は、このメニューにある[Disk Management]で、[Format HDD]を行います。

※ファイルの転送方法

  1. Explorerのアドレス枠に「\\wmininas」を入力します。
    ※初めてのアクセス時にはWindowsユーザー名とパスワードの確認があります。
  2. WMiniNASに接続した内蔵ドライブやUSBドライブなど(一般的なNASによくあるフォルダー構成)が表示されます。
  3. 保存したい場所にファイルを転送します。

MacosのLANを100M接続にする方法

これらの理由で、Macを100M接続に設定する方法です。

1:Macosの[システム環境設定]を開く。

2:[システム環境設定]画面にある[ネットワーク]を開く。

3:[ネットワーク]画面にある[Ethernet]を選択し、[詳細]をクリック。

4:[Ethernet]画面で、図の①~④を設定する。

foobar2000で無料で始めるネットワークオーディオ

※前回の「foobar2000でDLNA再生」とは違う方法で説明します。

  1. foobar2000に追加コンポーネント[UPnP MediaRenderer Output]をインストールします。
  2. foobar2000の設定で、出力デバイスでWMiniDACを選択します。
赤線[Playback]-[Output]をクリックし、赤丸[Device]と[Output format]を指定します。

これだけで、foobar2000を使って、LAN接続のWMiniDACで再生できます。

WMiniDAC、WMiniNAS、ファームウェアアップデート

機種

⊕ WMiniDAC

⊕ WMiniNAS

WMiniDACもWMiniNASも、LAN内のパソコンやスマートフォンのWebブラウザでメニューを開いてアップデートします。

wvpre

上 WMiniNAS /中 WMiniDAC /下 WMiniAMP

⊕ WMiniNAS

上 WMiniNAS /中 WMiniDAC /下 WMiniAMP

※開発中機種

PCオーディオ、LAN接続?USB接続?/WMiniDAC

NET-DAC

WMiniDACはLAN接続でパソコンやスマートフォンから簡単に高音質再生ができます。

オリジナルUSB回路

パソコンの高音質再生ソフトを使いたい場合、WMiniDACには独自開発のUSB回路があります。USBコントローラーからオリジナルという他社製品ではなかなか見られない技術構成です。

Windows10 + 2017年春のアップデート

Windows10は2017年春のアップデートでUSB Audio Class 2.0に対応しました。
今までドライバーをインストールして24Bit/192kHz再生が可能になりましたが、ドライバーを入れなくてもWindows10そのままで再生可能になります。

このアップデートでWMiniDACもWindows10で自動認識し、24Bit/192kHz再生できます。

Windows10+専用ドライバー

Windows10のUSB Audio Class 2.0機能で再生できるようになりましたが、専用ドライバーを使いたい場合、テスト版ですがオーナーの方限定でダウンロード公開してます。

foobar2000使用例

LAN接続のメリット

LAN接続するとネットワーク内のスマートフォンやパソコンからWMiniDACにアクセスできます。
パソコンやiPhoneの中にある曲をWMiniDACで再生できますし、WebブラウザでWMiniDACにアクセスもできます。

※Webブラウザでリモコン操作可能

USB接続のメリット

USB接続では、ドライバーやソフトによって設定でバッファーやレイテンシーを調整できる場合があります。
この調整で、不安定さを改善できたり、音質を向上できる場合があります。
しかしパソコンの機器構成やOSの状態、ソフトとドライバーのバージョンによってどの設定がベストか変化するので、知識と経験となにより時間と根気が必要になります。これが楽しいと思えるかどうかで、難しい、面倒と感じるか、面白いと感じるか分かれます。

で?LAN?USB?

LANでしょ

音が良ければ良いんだという場合はLANがお勧め。
ドライバー、レイテンシー、バッファーなど、気にする事は何もありません。

USB命

いじって音を良くしていく行程も楽しいんだというならUSBです。
ドライバーのアップデートも楽しい、場合によってはアップデートじゃなくダウンデートして比較するのも楽しい。不安定でもどこまでレイテンシーとバッファーを詰められるか、少しでも音が良いなら不安定でも良い。これこそPCオーディオの醍醐味とも言えます。

結論

何でも音楽を楽しんでもらえればそれが一番です。ほんと。

 

スマートフォンでワイヤレス再生!「mconnect Player Lite 2.2.0」

mconnect Player Lite

iPhoneを使ってWMiniDAC再生ができる無料アプリ、mconnect Player Liteがアップデートしました。

WMiniDACはLANケーブルを接続すると、Wi-Fiを使ってスマートフォンやタブレット、LAN内のパソコンで選曲再生できます。

iPhoneの中にある曲、WMiniDACのUSBポートに接続したUSBストレージに入れた曲、LANで接続してあるハードディスクにある曲を選んで再生できます。

iPhoneやiPadで無料アプリも有料アプリもたくさんのアプリがありますが、mconnect Player LiteをWaversa SystemsでもWaversa Systems Japanでもテストで利用してます。

  1. WMiniDACをLANケーブル接続
  2. 家で使ってるWi-FiでiPhoneを接続
  3. iPhoneにmconnect Player Liteを無料ダウンロード
  4. WMiniDACの入力は(N)etworkを選択
  5. mconnect Player Liteを起動
  6. mconnect Player Liteで出力先をiPhone内蔵スピーカー/イヤフォンかWMiniDACか選択

これだけでiPhoneを使ってワイヤレスでWMiniDAC再生がスタートできます。

ダウンロードすれば、2回目からは4番からの操作だけなので、iPhoneで普通に音楽を聴くのとほとんど同じ簡単さ!

WMiniDAC

WMiniDACはLAN再生、パソコンとUSB接続、コアキシャルに光入力も対応。USBストレージ再生も可能です。

アナログのオーディオノウハウとデジタル処理技術を高度に融合することで完成したWAP:WaversaSystems Audio Processorを搭載するDAコンバーターです。