WaversaSystemsのフォノアンプ、WPHONO3の事前予約を終了し、釜山で行われた国際オーディオショーでの試聴で更に多くの販売リクエストをいただきました。

釜山国際オーディオショー2017・準備編
釜山国際オーディオショー2017・レポート

先週末に初回事前予約分の出荷が完了し、オーディオショーで多くの方にお約束したとおり、WPHONO3の事前予約を再度行う事が決定しました。

Clearaudio社のInnovation Compactとマッチングした環境で、WPHONO3の音質を確認する試聴会を韓国のHiFi Clubで行います。Innovation Compactの長所である、広いダイナミックレンジと透明なサウンドにWPHONO3の質感と純粋さを合わせ、優れたアナログ・サウンドを披露する予定です。

  • 「古いアルバムをしっかりとしたサウンドで楽しみたい。」
  • 「モノ盤とステレオ盤も一緒に楽に聴きたい。」
  • 「アナログで高いS/Nが生み出す極限の静寂さを感じたい。」
  • 「精密にセッティングできても、簡単に使いたい。」
  • 「アナログ・サウンドで深く明瞭な低域のクオリティを感じたい。」

アナログを愛しているなら、一度は望んだことでしょう。サウンドに問題が無ければセッティングが面倒、静寂で良い音のために、様々な昇圧トランスのマッチングを試し、最終的には機器はどんどん増え、管理も面倒です。そこにモノラル盤も聴き、フォノアンプとトランスも合わせなければならず、最終的にはシステムを指数関数的に複雑になってしまいます。

WPHONO3

本当にアナログを愛する人であれば、究極という言葉を使いたくなるほどに全てを込めた、WaversaSystemsのW PHONO3です。

カートリッジを上げるまでフォノアンプが動作してたのか分からないほどの静寂さです。
モノ盤からステレオ盤まで全てのマッチングが可能であり、様々なカートリッジとのマッチングの利便性、そこにレコード会社、レーベルそれぞれのカーブを簡単に変えて聞くことができる利便性、既存のフォノでは代替できない音質と快適さの二兎を射止めました。アナログを愛しているのならば、WPHONO3の魅力を体験してみてください。

W PHONO3 Amplifier

最高のアナログ技術が融合したフォノアンプ

  • 完璧なマッチングのために細分化されたインピーダンスセッティング
  • RIAAカーブの根本についての考察によって完成された完璧なイコライザー
  • カーブ別に25個の独立した回路
  • 信号損失と歪みの無いアクティブイコライザー方式採用
  • デュアル低域ステージで構成されたTCR型フォノイコライザー
W PHONO3 Amplifier

音質のために、部品一つも見落としも無いフォノアンプ

  • 最高級昇圧トランス(昇圧比の調整が可能)
  • アッテネーターボリューム
  • スウェーデンのルンダル最高級トランス
  • 最高級の抵抗とコンデンサーの採用(タクマク抵抗とWIMAコンデンサー)
  • バランス設計
W PHONO3 Amplifier

操作しやすく、高精度のフォノアンプ

  • スイッチで設定可能な昇圧比
  • 様々なカートリッジをスイッチ一つでインピーダンスマッチング可能
  • リモートを使用して選択可能なカーブ
  • ゲイン調整による機器間のマッチングと音色の精密チューニングも可能