WMiniDACファームウェアアップデート V2.1.9

WMiniDACのファームウェアアップデートです。

前回のv2.1.2からお知らせが遅れてしまいました。

 

手順は簡単!

  1. WMiniDACのIPアドレスを調べる
    ※参考記事[WMiniDACをWebブラウザから操作
  2. 調べたWMiniDACのIPアドレスをWebブラウザで開く
  3. メニューの[Update]タブをクリック
  4. [Update]ボタンをクリック

これだけ!

アップデート内容

2.1.3

カーネルv3アップデート。音質を更に向上。

2.1.4

アップルリモコン対応。メニューでアップルリモコン/WminiRemote/両対応を設定可能。

2.1.9

roon Ready クライアントアプリアップグレード。

1 WebメニューでUpdateを選択

2 アップデート中は電源をオンのまま

今回はカーネルアップデートを含むので、いつもよりデータと処理量が多く、時間がかかります。

アップデート終了の表示まで待ちます。

3 アップデート処理でWMiniDACが自動で再起動

WMiniDACが自動的に再起動します。

4 WMiniDACの再接続

WMiniDACを完全に再起動させます。

  1. WMiniDACのフロントスイッチを押してスタンバイにする
  2. WMiniDACが終了したら、WMiniDAC背面の電源ケーブルを抜く
  3. 10秒ほど経ってから、電源ケーブルを接続する
  4. WMiniDACがスタンバイになったら、フロントボタンを押してオンにする

5 v2.1.9アップデート

v2.1.9のアップデート完了です。

アップルリモコン対応

専用リモコンのWminiRemoteに加えて、アップルリモコンにも対応しました。
※WMiniHPAmk2は日本発売時から対応済み

WminiRemoteとアップルリモコンの両方に対応、WminiRemote対応、アップルリモコン対応の3つから選択できます。

roon Ready

以前からroonで再生はできますが、roon正式対応に向けて、設定メニューが用意されました。

アップデートで進化するWMiniDAC

WMiniDACはDAコンバーターですが、ネットワークプレイヤーを搭載し、ネット経由のアップデートで、音質向上や機能追加など進化を続けています。

今のままでも不満が無かったり、難しそうと思われたりで、買ったままアップデートしていないオーナーさんもいらっしゃるようです。
一度やってみればそれほど難しくないですし、無料で音質も機能もアップするので、ぜひチャレンジしてみてください。

メニューを閉じる