Waversa Systems Japan

ウェーバーサシステムズ

WMiniDACファームウェアアップデート V2.1.9

WMiniDAC ファームウェア v2.1.9アップデート

WMiniDACのファームウェアアップデートです。

前回のv2.1.2からお知らせが遅れてしまいました。

 

手順は簡単!

  1. WMiniDACのIPアドレスを調べる
    ※参考記事[WMiniDACをWebブラウザから操作
  2. 調べたWMiniDACのIPアドレスをWebブラウザで開く
  3. メニューの[Update]タブをクリック
  4. [Update]ボタンをクリック

これだけ!

アップデート内容

2.1.3

カーネルv3アップデート。音質を更に向上。

2.1.4

アップルリモコン対応。メニューでアップルリモコン/WminiRemote/両対応を設定可能。

2.1.9

roon Ready クライアントアプリアップグレード。

1 WebメニューでUpdateを選択

2 アップデート中は電源をオンのまま

今回はカーネルアップデートを含むので、いつもよりデータと処理量が多く、時間がかかります。

アップデート終了の表示まで待ちます。

3 アップデート処理でWMiniDACが自動で再起動

WMiniDACが自動的に再起動します。

4 WMiniDACの再接続

WMiniDACを完全に再起動させます。

  1. WMiniDACのフロントスイッチを押してスタンバイにする
  2. WMiniDACが終了したら、WMiniDAC背面の電源ケーブルを抜く
  3. 10秒ほど経ってから、電源ケーブルを接続する
  4. WMiniDACがスタンバイになったら、フロントボタンを押してオンにする

5 v2.1.9アップデート

v2.1.9のアップデート完了です。

アップルリモコン対応

専用リモコンのWminiRemoteに加えて、アップルリモコンにも対応しました。
※WMiniHPAmk2は日本発売時から対応済み

WminiRemoteとアップルリモコンの両方に対応、WminiRemote対応、アップルリモコン対応の3つから選択できます。

roon Ready

以前からroonで再生はできますが、roon正式対応に向けて、設定メニューが用意されました。

アップデートで進化するWMiniDAC

WMiniDACはDAコンバーターですが、ネットワークプレイヤーを搭載し、ネット経由のアップデートで、音質向上や機能追加など進化を続けています。

今のままでも不満が無かったり、難しそうと思われたりで、買ったままアップデートしていないオーナーさんもいらっしゃるようです。
一度やってみればそれほど難しくないですし、無料で音質も機能もアップするので、ぜひチャレンジしてみてください。

WMiniDACファームウェアアップデート V2.1.2

WMiniDACのファームウェアアップデートです。

手順は簡単!

  1. WMiniDACのIPアドレスを調べる
    ※参考記事[WMiniDACをWebブラウザから操作
  2. 調べたWMiniDACのIPアドレスをWebブラウザで開く
  3. メニューの[Update]タブをクリック
  4. [Update]ボタンをクリック

これだけ!

ネット経由でアップデートできるので簡単です!

2.0.5以降のマイナーアップデートはWaversa Systemsの高音質転送規格、WNDR(WaversaNetworkDirectRendering)の調整が主です。

でも簡単にアップデートできるので最新にしておきたいですね!

早く日本でもWNDR接続できる対応機器をラインナップしたいですが、なかなかに時間がかかってます。

WMiniDAC ファームウェアアップデート V2.1.1

※インターネットでのファームウェアアップデートの前にシステムデータ(MicroSD)のアップデートを行ってください

V2.0.0からの統合アップデート

  1. WNDR(WaversaNetworkDirectRendering)対応
  2. Roon専用モード対応
  3. AirPlay互換性向上
  4. DLNA安定性向上
  5. DSD転送の安定性向上
  6. リモコン機能のバグ修正

1-Webブラウザでメニューを開きます

2-[update]メニューを開き、[Update]をクリックします

3-インターネットからデータを読み込んでアップデートが完了します

WSmartHubアップデート V2.0.0

※ドメインの関係で日本を含め韓国外からはアップデートできない場合があります。正常にアップデートできるようになりましたらお伝え致します。

WSmartHub V2.0.0

WSmartHubのLinuxベースのシステムは、インターネットによってファームウェアのアップデートが可能です。
日本での発売前にもアップデートを行っており、今回のアップデートは日本発売から最初のアップデートです。
日本のオーナーの方々からのご意見も反省したアップデート内容となってますので、今後もぜひお使いいただいてご感想やご意見をお知らせください。

サポート - お問合せ

アップデート内容

  • LCDオフ機能追加
  • その他の細かい修正

アップデート方法

※アップデート中は必ずインターネットに接続してください。

  1. WSmartHub本体のLCDメニューか、WebブラウザでWSmartHubのIPアドレスを開いたメニューからアップデートしてください。
  2. アップデートが完了すると、LCDの下部に2.0.0と表示されます。

 

WNAS3 アップデート V1.3.6/V1.3.5

昨日の1.3.5アップデートの告知を書こうとしてるうちにV1.3.6が公開されました。

WNAS3 v1.3.5

  1. Media Conversion
    各ドライブにconvertというフォルダを作り、音源を入れると、その音源をWAVまたはFLACに自動変換します。
    ネットワークに接続したWNAS3のドライブでファイル移動は時間がかからないので、簡単に移動できます。
    音源の音質は、フォーマットによって多く変化しますが、無圧縮のWAVが最も有利です。
    ※WNAS3はWAVファイルでもタイトルやカバー画像のデータ管理を行えます。
  2. 2.CD CACHE PLAY方式の変更
    タイトルなどデータベースの処理方法の最適化を行いました。
  3. 3.その他マイナーバグ修正
    バグは発見され次第、修正しアップデートを行っています。

 

WNAS3 v1.3.6

  1. 1.CD CACHE PLAYでもアルバムアート対応
    手動でアルバムアートを使用するためには同じフォルダにjpgまたはpngの写真を入れれば、アルバムアートを表示します。
    アルバムのフォルダ名はCD画面の該当ディスクの名前を参照してください。
  2. TIMEOUTメニュー追加
    TIMEOUTは一定時間が経つと、画面を消す機能で、30分から240分(OFF、30M、60M、120M、240M)で選択します。
    キーを最後に押してから、TIMEOUTで指定した時間が経過すると画面表示が消えます。ボタンを押すと表示が復帰します。

※CDデータやファイルデータが多い場合、最初にCDモードに入る際に、データの整理を行うために処理時間が長くかかる場合があります。次回以降は長い待ち時間はありません。