今年初めてのランキングです。

と、言ってもWSmartHubが1位なのは相変わらず。

※画像は製品ページリンク

1位 WSmartHub

オーディオ再生にネットワークを使っていても使ってなくても、ネットワークと完全に分離するのも難しい現在、LANに使うスイッチングハブが大きなノイズ源なので音を悪くする原因になっています。

そこで、電源は内蔵バッテリーで更に極低ノイズ化、LANスイッチグハブの回路も独自に開発した超低ノイズ仕様、LEDと内蔵バッテリーのみを外部電源で動作させ、ハブ回路は内蔵バッテリーのみで動作させる超低ノイズ構成。

ネットワークオーディオ環境にWSmartHubを導入すると、超低ノイズ化によって音質を向上させます。

他社製のネットワークプレイヤーやDACを使っているけれど、WSmartHubは必要で欠かせないというオーナーさんが多いです。

2位 WMiniAMP

3位 WMiniDAC

2位はミニシリーズのDACとアンプが毎月のように入れ替わっていて、2018年1月はWMiniAMPが2位でした。

2台目のアンプ、サブシステム用に、初めてのアンプに、WMiniDACとセットでもオススメです。

本棚に入るサイズのスピーカーでお使いの方が多いようですが、更に小型のデスクトップスピーカー、そして大型テレビの横に置くようなトールボーイスピーカーや床置きの大きなスピーカーでお使いの方もいらっしゃいます。
WaversaSystemsJapanでは高さ約1メートルのスピーカーでも大きな音で鳴らしてます。

WMiniDACとセットがオススメなのは、XLR端子で高音質なバランス接続できて、WMiniDACにUSBメモリーやmicroSDカードリーダーを使って、高音質プレイヤーで簡単に音楽を楽しめるからです。

好きなスピーカーに、WMiniDACとWMiniAMPをつなげれば、選曲やリモコン操作はスマートフォンの無料アプリで毎日簡単に音楽を楽しめます。

microSDカードリーダーに入れた曲も、スマートフォンの中にある曲も、難しい事はなく簡単に高音質で音楽を楽しめます。
Bluetoothよりも簡単で、CDプレイヤーよりも音が良く、スマートフォンの無料アプリで簡単操作。
もっと簡単に、もっと便利に、もっと良い音で、もう音楽の楽しみ方が一気に変わります。

コラム「日常の中心に音楽を」

(Visited 18 times, 1 visits today)